10月19日

 
朝5時半より朝食、まだ薄暗い
どこで食べるんだろうと思って食堂を探していたら外で食べるのだった
川辺のオープンテラスでバイキングだ
リゾート気分満点である
スタッフが目の前で調理してくれるのだ
Bコースになってから豪華食べまくり生活なので控えめに食べる

朝食を済ませて出発時間まで30分あるので朝日を眺めに表にでる
すると馬に乗って朝日を見に行かないかと誘われる
あー行ってみたいなぁ・・・
だが、そこまで時間がない
そのへんを歩くとツアーのメンバーが近くのパゴタに登っているではないか

地元の女の子が案内してくれたようだ、その女の子が下まで降りてきて登り道を教えてくれた

なかなかの眺めだ

案内してくれた女の子

朝日が昇り始めた。雲が地平線付近にある
ちょうど同時に気球が上がりはじめて大騒ぎ
「いいなーいいなー」「乗るのに220ドルもするんだってー」

パゴタと朝日と気球を同時に撮ることがきた。
雲のあるおかげで手前のパゴタが真っ黒になってないのもすばらしい
「やっぱ俺ってツイてるなー」
6時半にバスに乗りホッパ山へ向かう
 
朝の托鉢風景
おばちゃんにご飯を入れてもらっている

後ろには小さな子供のお坊さんが付いてくる
修行僧の世界は年功序列なんだろう

ホッパ山(ホパ山)

そこは精霊信仰が有名でお釈迦様も崇めるけど、同じぐらい精霊を信仰しているところだ
日本人みたいなもんかな・・・・お釈迦様の像を拝むのと同じぐらい観音様を拝むし、
神社にお参りにゆくし

ふもとの寺に着いてみると米が山積みになっている
これをドネーションしようというのだ
これから50kg入の米の袋を半分の25kgの袋に入れ替える作業をする
25kgとはかなり重たいので私たちにも重労働だった

一番重労働だった米を量って米袋に入れる役目をしたこの男は休憩で、すばらしい笑顔をみせてくれた

それを見ている女の子たちがまたすばらしく持って帰りたいぐらいかわいい子がいた
おばちゃん達も実にええ笑顔やね