集合時刻から1時間以上が経過してようやくみんなが集まりました
それにしても、一時間経っても誰も心配して様子を見に行かないのが、「ミャンマー時間に慣れてきたからそんなもんだろ」てな感じです

しかし、探しに行ってこっちが迷子になる方が心配ですね

購入した商品をどんどんバスに詰め込んでいきます
荷室がいっぱいになったので、抱えて持つほどです

狭い道を少し登ったところにキリスト教の教会があります
ここではシスター達とともに多くの障害者と孤児が暮らしています
生活に困っている人たちを援助している施設でもあるのです

今まで、外国の牧師さんが援助をしていたそうですが、その方の援助が得られなくなり困っていたのです
そこでセアロがきたのです
政府からの援助はキリスト教系の施設なのでほとんど得られないそうです

キリスト教なのに仏教者から支援を頂くというのに抵抗はなかったのでしょうか?

その教会のシスター達はキリストに祈ったところ、願いが通じてセアロがやってきた言います

柔軟な考え方だなぁと思い嬉しくなりました

教会では私たちを迎えるのを準備して待っていました
みんなで盛大に到着を祝いました

目の見えない方がギターを演奏してみんなが歌います
セアロも嬉しそうに手拍子をしています

歌ってくれたお礼にこちらも日本の曲を歌います
そしてみんなでダンスも踊ります

ツアーで来た人たちで金貨の形をしたチョコレートをみんなで輪の中に入り手渡ししてゆきました
皆の笑顔が本当に美しく純粋でこちらのほうが癒されに来ているんだなぁって思いました
涙を浮かべている日本人もおおかったのです



それからホテルに戻って報告会です
買い物に行ったグループごとに報告をするのですが、特にBグループ(ツアー後半から参加の人)の人たちは初めてのドネーションに興奮した様子で話してくれました