8月4日(月)

 朝食にヨーグルトとパンを食べる。銭函という札幌から北へ一番近い海の所までJRに乗る(運賃350円)。昨日の人にここからヒッチハイクしやすいと教わったのだ。

 そこには海水浴場があったが、泳ぐにはまだ早い時間だ。砂浜をしばらく歩く。この海岸には海苔みたいなのが大量に打ち寄せられていた。「ここで泳いだら海苔の化け物みたいになるだろうか・・」

 ヒッチハイクを開始して最初の車に30分ぐらい乗せてもらう。「最近の人が乗せてくれないのは事故が起こったら怖いからだ。」と言っていた。でも北海道の人は結構乗せてくれるな。

 降ろしてもらったところにスーパーが有ったのでそこのトイレを拝借した。「トイレットペーパー欲しいなぁ」と思っていたらそこのトイレのが残り少なかったので、新品と交換ついでに少ないのをもらった。これは食器拭きに惜しみなく使える。

 10分ほどスーパーの近くでのヒッチハイクをしたが捕まらなかったので、それほど疲れていなかったし、歩くことにした。のどかな風景が延々続く。

 1時間ほどして疲れたのでそこで待っていると3分ほどで軽の1BOXが止まって乗せてくれた。一見怖そうだが、ざっくばらんでとてもおもしろいおっちゃんだった。

 大きな海水浴場の近くで降ろしてもらってスーパーで「ハウスシチューの素」を購入した。シチューはハウスだ。そこの海水浴場は遠くからオートキャンプで家族連れなどでやってきてる人が多く、俺みたいなのは一人もいない。そのオートキャンプのテントの集団の脇で一人寂しく肉なしシチューを作って食べた。でもとてもおいしい。

ファミリーキャンパーの集まった公園で 一人肉なしシチューを作る。でもおいしい。

 海水浴場から少し歩いたところでヒッチハイクを開始して、旧式のパジェロの2人連れに乗せてもらった。1人は60才ぐらいのおじさんでもう一人は20代ぐらいの女の人だ。北海道を何日か走っているそうで、今晩は暗くなるまで走って寝るそうだ。2人の関係が怪しい・・・聞くのが怖いのでやめた。

 途中に温泉があったので一緒に入らせてもらった。北海道に来てから最初の温泉でひじょーにきもちがよかった。そして「道の駅」で降ろしてもらった。 ここは昔、ニシン漁をした男達が泊まっていた大きな館を道の駅にした物だ。入場料を払って中を見学できるそうだがもう閉まっていた。そこの隣の緑地にテントを張る。そしてたまっていた洗濯物を手洗いで洗濯した。トイレといっても屋形風で自動ドア付きだから中はとても清潔だ。

 テントにロープをかけて洗濯物を干す。途中のローソンで買った冷えた白飯に温かいカレーをかけて食う。けっこういける。ちなみにここでテントを張っているのは俺だけだ。

次の日に進む