8日6日(水)

 雨が止んだ。隣にGTRが俺が2日前、ここに着く前から停まっている。中にいるのはダンディそうな60すぎのおっちゃんだ。車の中は助手席が外してあり、カセッ卜コンロや鍋がみえる。GTRをキャンピングカーにしてるわけだ。

 荷物をかたずけてそこからヒッチハイクを開始した。5分待ったけれども止まらないので歩き始める。1時間ほど歩いて、ローソンを見つけた。そこでローソンカードを使ってウイスキーを買う。焼酎の方が安いが寝るために薬を飲んでるみたいなので、寝る時ぐらくぜいたくしたい。

 近くにスーパーを見つけたのでまたシチュー用の野菜を買っておいた。これでものすごく食費が助かる。

 ヒッチハイクを開始した。5分ほど待つと車が止まり、羽幌まで乗せてもらった。そして少し歩いた坂の上でヒッチハイクしているとすぐに住職の乗った車が止まる。だけどすぐ近くまでと言ったので断わった。

 その後止った車に乗せてもらうと、その人は身体傷害者の人で車いすが置いてある。「日頃みなさんにお世話を受けているから、たまにゃお返ししなきゃと思って乗せてあげた。」と、とても優しそうな人だ。「今日は稚内まで行く予定なんですよ」と話をしていると、「本当は30Km程はなれた自宅近くまで送ってあげるっもりだったが、稚内まで乗せてってやる。」と、一気に150Km程を乗せてもらえる事になった。

北緯45度線を通過

 途中には酪農地帯があり、平原が地平線まで続いている。アメリカみたいだなと思った。だが、それが数分しか続かないのが日本だな。

 稚内に到着した。駅で降してくださいと頼んだら、わざわざ遠まわりしてフェリーターミナルそばの防波堤ドームの横を通った。そこはインターネットのHPでヒッチハイクで北海道に行った人が泊った場所だ。写真でみた通り、旅行者のテントがたくさんある。そして駅で降ろしてもらった。「北海道の人はなんて親切なんだ。」

 そして一直線に先ほどのドームの所に向かう。風邪をひいていたので頭痛がする。買っておいた餅を食べて薬を飲む。しかもさすがに稚内は寒い。トレーナーを着ているがまだ寒い。

 テントを張り少し昼寝した後、気分が良くなってきたのでシチューを作った。さすがに体がよく温まる。まだ5時ごろだが寝ることにした。近くで旅人が輪を作っているさらに、ギターを手に歌っている人もいる。

次の日に進む