ぶらぶら歩きがしたい人へのアドバイス

俺はアメリカをぶらぶらしたかった。最初からどこに行ってみようかはあったにはあったが、時間や経路を決めていなく、その日の気分で決めようと思っていた。俺はスケジュールに縛られる事なく自由に旅をしたい。だから、
無計画こそが計画

だったわけだ。だから無計画でも何とかなる計画を立てた。具体的には宿泊先は予約無しでも行けるところ。シーズンをさけること。軽量な荷物にすること。いつでもどこでも気分次第で乗り降りできるバスを使うこと。

俺のような時間はあるし、行き当たりばったり的な旅をしてみたいのなら、国内移動は飛行機は勧めない。予約を取っているために出発時刻に迫られて困った日本人はたくさん見かけた。なにより、都市間の景色を空から短時間眺めるだけでは勿体ない。アムトラックも使えない。日本人の持ってる電車のイメージとは全く別の物で、バスより遅い上に発車が5時間遅れなど当たり前。中部地域などになると週に3便ぐらいしかない。その上に値段は飛行機よりもたかいのだ。旅でアムトラックを使うのは景色のいいところに限るか、時間と金の余っている奴だけがすればいい。(でも1回は乗りたい)

なんといってもアメリカじゅうを網羅しているグレイハウンドバスが一番。アメリパスをもっていると期間中乗り降りは自由。もしも今晩寝るところが無ければ長距離バスにでも乗ればいい。最初は疲れるが慣れれば結構使える。景色の良さそうなところ、気になった場所があればそこで降りればいい。飛行機ならそうはいかない。値段は1ヶ月間で299ドルだった(アメリカで買った方が安い)。広い広い大地に感動するはずだ。ちなみにヒッチハイクは向こうじゃ犯罪だぞ。指立てて止まってくれるのはせいぜいパトカーぐらいなもんだろう。それでもやりたいなら別に止めんが。

荷物は極限に減らして、バスの中に楽に持ち込めるようなデイパックがいい。何故なら荷物が大きいとバスの荷物入れに入れなければいけなくなる。そうなると好き勝手に降りにくい。気に入った店があっても荷物がじゃまで入れない事も多くなる。いかにも旅行者に見えて道ばたで金をせびられるなど、悪いことばかりだ(俺の貧乏そうな格好でも何度か小銭せびられるぐらいだ。そのときは無いと言えばよい)。

必要な物は何でも向こうで買えばいい。シャンプーや歯磨き粉にしても旅行用のコンパクトな物が売っている。下着も旅をしていれば臭くなるまでは着れるものだ。

レンタカーを使えば当然一番便利。ただし、出会いが少なく、アメリカ人の生活に触れあいにくい事と貧乏旅行を狙っている人には負担が重い。聞いた話だが、アメリカで車あるいはバイクを現地で買って走って帰りに日本に送って売れば旅費代ぐらいにはなるらしい。円安の今ならやってみてもいいかも。ただし、アメ車の安いのは故障付き覚悟。

分厚くて重たい「地球の歩き方」は行く前には読んでおくほうがいいけど、持っていかない方がいい。軽量にもなるし、記事は古くて混乱することが多いそうだ。しかも旅と言うより記事の検証旅行になりかねないぞ。俺は観光の書いてあるページは破いて捨てて、入国手続きや電話の方法だけ持っていった。本は持っているだけで日本人旅行者だと言うことがバレバレだ。観光ガイドは現地でなんぼでもタダで手に入るし、同じ旅行者から情報を聞いた方が遙かにおもしろい。

アメリカに行くときのチケットは帰る日を後で指定できるオープンチケットだ。帰る日を決めると時間に追われる。帰る便を限定しているチケットの方が安いが、よりゆとりある旅にするためにオープンチケットにすべきだ。