3月3日

最近ちと変な方向へ進んできているのでここでちょっと修正しておこう(^_^;

友達でうどん屋さんの店長を始めた人がいたので会いに行ったついでに、谷川米穀店(お米やさんなのにうどん屋さんなんです)の近くで採れた鷹の爪を買ってきました。
これが恐ろしく辛いのです。ほんの1かけを舌に乗せたら30分は唇が腫れて足の先や頭が痛くなるほど効きました。それを今までの一味唐辛子の代わりに入れています。キャップに「激辛」と書いたのがそうです。若いお客さんが知ってて怖いもの見たさにたくさん振りかけたのを見ましたが、顔を真っ赤にしていました(笑)。激辛って書いてあるのにざまぁみろって!
しかしそれでも辛さが分からないと言うお客さんもいました。辛さへの強さというのは人によって千差万別です。

醤油うどんを刺身醤油で食べるサービスを始めました。刺身向けの醤油にわさびをのせて、うどんを刺身のように食べます。するとイカの刺身のようにうまいです。魚貝類が食べられない人にお勧め(笑)。これが意外と定番になりつつあります。


 

3月14日

ふーむ。「ありがとう」という言葉である。(またかい(^_^;)
昨日松山ユースホステルであった、小林正観のセミナーに参加した。小林正観とは松山ユースホステル館長の大統領(ニックネーム)を精神世界に引きずり込み、スプーン曲げを教えた師匠なのである。
ま、またかい(^_^;。
そうなんです。心の方面に興味のない方は読み飛ばして下さいませ(笑)

正観先生の話だと、「ありがとう」という言葉は本来、神へ言葉なのだそうです。
そして言えば言うほど、奇跡的な良いことに恵まれるのそうである。しかも感情を入れようが入れまいが言えばいいのである。数が重要で、7段階奇跡が起こりだすポイントがある。それは、

1段階        2万5千回
2段階        5万回
3段階        10万回
4段階        50万回
5段階        100万回
6段階        1000万回
7段階        1億回
というようになっている。そういえば空海も焼山寺で「オンバザラ アラタン ノオオン タラク ソワカ」と100万遍言って記憶力を天才域に高めたと書いてあった。

で、どんなことが起こるかというと、死の宣告を受けた人でも10万遍越える程唱えるとあらゆる病が治ってしまうそうである。正観先生は調べていくうちに、山奥で「ありがとう」と唱え続け1億回を越えた人に出会うことが出来た。その人の話はすでに神や仏の領域に踏み入れてしまっています。(詳しくは店内にある弘園社の小林正観、幸せの宇宙構造をご覧下さい)

私はまだ「ありがとう」の連呼実験をしていないので断定できないのですが、大根が言葉で辛くなったり、「ありがとう」と言いながらおにぎりを握ると美味しくなるのを考えるとあながち嘘とは思えないのです。

そしてこれをする上で大事なポイントは決して、愚痴、不平不満、泣き言などを言わないこと。それを言うとチーンして「ありがとう」のカウントがゼロに戻るそうです。

私たちはつい雨が降ればうっとうしいなぁと言い。晴れればほこりが立つだのとつい言ってしまいます。そういった天気の愚痴を絶対に言わないようにしましょう。そうすれば、どんな些細な愚痴もいわなくなるそうです。きをつけよっと。


 

3月18日

「ありがとう」の効果がどんどんあらわれだしてきたみたいだ。
今日は2度も「ありがとう」の説法をする機会を与えられた。なんだかタイミング良く自然にスムーズにこの話ができちゃうんだよな。俺にこれをやれということか。

お店の売上も「ありがとう」を言うようになってから先週と比べて明らかに増えた。「ありがとう」の影響は無視できないのではないのか。昨日土曜日は時に10人以上ぐらいのお客様が行列をつくっていて、2時すぎには玉切れになった。玉切れは久しぶりである。

パートさんと土曜日の仕事終わりに反省会をするのだが、その話し、最後に「ありがとうございます」を十唱して締めた。「ありがとう」さまさまである。

「ありがとう」二万五千回は来週にも達成できそうである。なにがおこるのやらわくわくだ。
松山ありがとう会でもつくろうか。


 
 

3月19日

「ありがとう、ありがとう」と連発しながら運転してると「ありがとう」と大きく書いてあるラーメン屋があったので腹は空いていなかったが興味があるので入店した。そしたら、店員が皆生き生きとしていて、若い店員が五人以上働いていたが、笑顔も良く仲も良さそうだった。ラーメンもうまい。「ありがとうございました」の声も良かった。きっとここを作った人は「ありがとう」のパワーを知っているに違いないと感じたのだった。

 

3月24日

今日は土曜日なのであるが、パートさんの親戚が結婚式なのでついでにお休みすることにしていました。
そして今頃はヒッチハイクで東京に居るはずだった・・・・・・
用意は周到に、「ありがとうございます」の旗まで用意しました。出発直前に仏様にも道中の安全をお祈りしました。これで思い残すことはない、という状態で出発したのであります。

バイクで松山インターチェンジまで行き、朝8時より開始する。(→の写真)

そしてうまいこと子供連れの軽自動車に同乗させてもらった。その人には新居浜までだったので石鎚山SAまで乗せていただいた。

石槌SAで待つこと10分、ガソリンスタンドの人が歩いてやってきた。待っているのは人ではない車なのに。「ここでヒッチハイクしよったらここの人に言われるよ」と、注意して去っていった。こんな事を言われるのは初めてである。ヒッチハイクしてはいけなかったのか、と思いつつも公団の車が目の前を通り過ぎても何も言わないのでそのまま続けた。

しばらくして松山に向かう人や(こっちは上りのSAなのに・・・)クレープをかじってる徳島に向かうお姉ちゃん達が止まってくれたが、丁寧にお断りした。

1時間後、青い服を着たおにいさん達(公団の人)がやってきた。「ここでヒッチハイクをしたらダメだよ。通報があって来たんだけど、下におりてやってくれないか」と言うのである。一体誰からか知らないが通報があったのでは仕方がない。ここは素直に引き下がって11号線まで歩いていった。「もういちど近くのインターで待てばいいや」と楽観していた。通報なんて希である。やめる気はぜんぜんない。第一、人に迷惑をかけていないはずなのだ。

ところがである。てくてく近くの伊予小松インターにまで歩いていくと思いの外時間がかかった。すでにお昼過ぎ。目標では今日中に東京だったのだが・・・・。

自転車屋の店頭に「自転車でしまなみ海道」というのに誘われて、「ここで自転車を買ってしまなみ渡っちゃろうか」とも思った。しかし自転車の値段を見てあきらめる。

じゃあ帰ろっと

実は明日に参加を頼まれていた用事があったのだが、東京行きが既に決定していたので断っていたのだ。東京へ行けば自分のやりたいことが満たされるだけなのだが、そちらに参加すれば皆が喜ぶ。それを断ったときに少しだけうしろめたいことを感じていたのでこれでスッキリしたわけだ。

結局松山まで仕事帰りのおっちゃんに乗せてもらって帰ってきた。(午後2時半)

とまぁ、話はここまでになりそうなのだがこの後大変なことが起こったのである。

ガタガタガタガタ・・・・・・・
地、地震じゃぁ!!!!!

おもいっきしでかいので、店の外に飛び出すと自転車に乗っていたおばちゃんは固まってるし、愛車はダンシング・ダンシングしているでわないか。

30秒ぐらい大きな縦横揺れが続いた後に店に戻ってみると、水槽の水が減っておりあの金魚がびっくりして死んだように気絶してひっくり返っている。水でもかけたら起きると思ったら水の中だった。動転してる(笑)

ワインの瓶と小皿と100円ショップのミニすり鉢などが落ちていた。幸いにも砥部焼きのどんぶりは無事である。

早速お約束どおりTVを付けると松山震度5強!
このぐらいですんでよかった!
もしも営業中だったらお客様にワインの瓶が当たっていたかも知れない。
3時28分だからかたづけ中であったはずだがなんてラッキーなのだ。
そしてヒッチハイクに成功していなくて良かった。高速道路も通行止めとなったのである。
これは幸運としかいいようがない。最近は良く神仏を信じるようになって来ているのであるが、道中祈願の采配があったのではないのか。サービスエリアを追い出されたときに「おかしいなぁ、祈願しておいたのに・・・」と思っていました。それでも「これもなにかのお計らいがあるかも知れないな期待しよう」というつもりでしたけどね。石槌山サービスエリアを追い出されたのはこういう訳だったのかぁー

不思議なものである。

ふと厨房の上を見上げると落ちそうなものがずらっと並んでいる。
全然何ともなっていない。これも不思議だ。

4月1日


今日は桜を見に松山の浄瑠璃寺から自宅までの1日遍路を楽しんできた。年間で最もシーズンなのでどこも遍路だらけ。ウォークマンで中村天風の講演を聴き、「ありがたい、ありがたい・・・・・」とぶつぶつ言いながら実に気持ちよく遍路出来た。(「ありがとう」よりも「ありがたい」の方が何となく言いやすく、心にジンとくることに気付いたのだ)

そろそろありがとうを2万5千回以上言っているはずである。
その効果があったのかもしれない。もしかしたらそうなのかもしれないという重大な事がある。それは先に書いたようにヒッチハイクが失敗したために地震の時に店に帰って来れて良かったというよりも、もっとすごいことかもしれないのがある。

それは、売上が「ありがとう」を言い出してから急進し、小林正観さんの講演を聞いた前1ヶ月の平均売上とそれ以後の平均売上の差が、

7千円もある!(15%増)

これはいったいどういう訳なのだろう。それを言い出してから右肩上がりに売り上げが急進したのである。春休みになったからかも知れないが、学生風の若い人がそんなにたくさん増えたようには見えない。他年度と比較してみても15%も増えるのは自然ではなかった。

それから、ふとしたきっかけで新商品が完成した。それは揚げうどん。ネーミングははっきりしていないがカリカリしているのでカリカリうどんでもいいや。うどんを切った後、「みみ」が残っていたのであれこれ考えた訳でなく、何となく天ぷら油の中に放り込んだ。するとうまいのである。塩と小麦粉と植物油だけなのにバーベキュー味みたい。かっぱえびせんから海老を抜いたようなあじで、やめられないとまらないのだ。早速次の日から前日に余った生地を使って作り、テーブルに載せてタダで食べていただいている。天カスのようにうどんに乗せてもあう。

100円で持ち帰り用も作ったらよく売れる。「天ぷら油代ぐらいになればいいや」と思っていたが、新たな名物になる予感だ。これもありがとうの御利益なのかな。


 
 

4月3日

肌がきれいである。
なんだか妙に自分の肌が俺のものでないぐらい良い状態なのだ。
「おかしい、激しい水仕事ばっかしなのに。」
去年、おととしまではこの時期ひどい手あれで病院に行っていた。寝る前、仕事おわりには必ずハンドクリームを塗っていた。そうしないとマジでやばかった。
ところが。不思議なぐらい良い状態が続いている。ハンドクリームとはおさらばだ。
考えられるなら、食生活か。
1番好きな食べ物は玄米
2番目はうどん
3番目はきなこ
4番目は自分で作った天然酵母パン
5番目は味噌汁
6番目は黒ごま
そんな状態に食生活が変化して、化学調味料、食品添加物、肉類、ファーストフード、市販弁当はほとんど食べていない。外食もほとんどない。
健康食品としては亜麻仁油と大麦若葉を摂っている。
食生活以外にも精神生活、ヨガの呼吸法もこれに影響を与えているのだろう。

 

4月8日

続報!
現在「ありがとう」を言い始めて売り上げ20%UP!

他に原因を探してみて、
春休みになったから忙しくなったのかなぁ・・・・
と考えていたのだが、近くのうどん屋さんがうちに食べに来たときには「花見だからお客さん花見にいっとるみたいや」と言っていた。どうもそれとは関係ないみたいである。
毎日、お昼時には並んでいるし、8人とか10人とかで来る団体さんも珍しくなくなってきた。
「ありがとう」は人に対して言わなくても、ただ呪文を唱えるように一人で唱えていればいいです。

最近非常に興味を持って打ち込んでいること、
それはデジ速です。


 
 
 

4月15日(土)

昨日で「ありがとうちょうど一ヶ月!」
おかげさまで今日は一日過去最高売上記録。

 

どういう訳か知らないがこれはすごいぞー

売上の詳細はあまり人に(特に税務署の方には(笑))見せないものだが、こんな感じだ土曜日だけを取り上げると、
3月17日 68600円
3月24日 臨時休業にしてたら地震
3月31日 76200円
4月 7日 78400円
4月14日 82000円
奇跡だな。まさにびをんだおかげだ

知人が花粉症で悩んでいたので「ありがとうを言い続けてみたら治るぞ」と言ったら本当に即座に治ってしまった。

俺って変か?


 
 

4月18日(水)

今日は平日最高売上だった・・・・・
ありがとう!
どうも俺自身の波動がすごく高くなっている気がするのだ。
俺と出会った人がどんどん幸運に恵まれてお礼をよく言われるようになった・・・・・
ただ、困っている人に「ありがとうと言いまくってたらいいことが起こるよ」と言っているだけなのになぁ。

4月25日

きのう勝岡の免許センターでじっと並んで待っていたら、ヨガナンダの「人間の永遠の探求」の言葉を思い出して、目を覚ましていても瞑想状態に挑戦してみた。すると目の前に水平線が現れて日が昇っている姿が見えた。待っているのが苦痛で無くなった。しかもそれが今日まで続いている。運転中にするとやばいと思った(笑)

そしてうどんを捏ねている時に急にひらめいた。

人間は感謝をするために生まれてきた!

他の生物にはこれは真似できないのだ。怒り、悲しみ喜びなどの感情はあっても感謝はないように思う。しかも人として素晴らしい人ほど感謝を常にしているし、感謝をしない人は常に苦しみ、愚痴、悪口、泣き言を重ねる。
ありがとうを続けているといいことがたくさん起こるのは、人として正しい行いをしているからなのだろう。正しいことをすれば良い結果が来るのは「因縁果報」「蒔いた種のように花開く」の言葉があるように当然のことだ。

とまあ、考えているうちに人間として最も尊い姿とはなんだろうと考えてみたら、「やっぱ感謝の祈りを捧げて、合掌している姿かなぁ・・・・」と思った。

そしてその時にもう一つ人間にしかできないことが浮かんだ。「尊い姿」というのを想像してみると一番に仏像がでてきた、それが合掌しているお地蔵様ではなく、衆生を慈しんで、恵みを与えようとしている姿だった。それは合掌していない。


 

そうだ!慈悲も人間にしかできない。

血もつながっていない他人の苦を哀れんで、その苦しみから救ってあげようとする気持ちを起こすのは人間しかいないように思う。動物でも他の動物の世話をする事があるが、動物のそれとは何か違うように思う。

今気付いたが、瞑想もそうだな。
感謝慈悲瞑想

その3つを極めたら・・・・・・・・
そんな人がいたなぁ・・・・・・
釈迦。キリスト。その他の大師達。
人間にのみ与えられた能力を極めて、逆に他の生物にはある五感や五欲を抑えた方々。
面白いことを今日思いついたのではないのか。

ああ、ますます坊主臭くなってる(^_^;

そうそう、明日からオブジェが増えました。上のが知人が曲げた奴です。

このHP見てるあなたもだーんだーん世間からずれてくる(笑)
4月29日に讃岐うどん王選手権4が満濃公園で開催されるので行ってきます。


 
 

4月29日

讃岐うどん王選手権に出場してきた(笑)
TJーKAGAWAという雑誌が「恐るべき讃岐うどん」という本を出して讃岐うどんブームを起こしたのは知っている人も多いと思うが、これを知っている人はマニアである。さらに出場すれば救いようのないうどん中毒患者者である。
それに出た。(笑)

結果は当然ながら予選落ち。

わかるかそんなもんってな問題ばっかりで
良かった。俺が普通の人で(謎)
決勝の最終問題なんて「1.県内産小麦粉 2.県内産小麦粉+澱粉 3.オーストラリア産小麦粉 4.オーストラリア産小麦粉+澱粉」のうどんを比べてみて当てて下さいという問題。
本職でも分からんぞそんなん。
でもしっかりと、製粉会社の方が当てて優勝しました。

そのあビンゴ大会で恐ろしいものを食べました。

左はうどん入りムース。右はうどん入りバームクーヘン。このときのためにケーキ屋さんが作ってくれたそうです。
まあ、こんなときにしか食べてくれる人いないわなぁ
見た目はOKでしたが、味は?????
まあ×ゲームみたいなものやね(笑)
おそるべし香川。

5月1日

ここいらでうどん屋のことを一つ。
お店のオーディオが変わりました。

デジ速の菊池さんと親しくなって紹介してもらったのが一番上に置いてあるスーパーステレオ
これがまた素晴らしくいい音なんである。

とてもうどん屋じゃありませんよ旦那!

今あるオーディオでもかなりうどん屋離れしていたけどスーパーステレオと小型スピーカーを2本足しただけでクラッシックや癒し系のCDが文句なしに楽しめるようになった。今までは低音がでていなかったのと臨場感が足りなかったが、単なる4本スピーカーの音よりもはるかに低音がでて立体感のある臨場感抜群の音になった。

設置して最初の3日ぐらいはいろいろCDを聞いて試してみたくて午前1時すぎぐらいまで起きていたが脳波のα波が出る効果があって脳が疲れない(それどころか回復するのか)らしく、今のオーディオにしてからは深酒しても目覚ましなしに5時台に起きている。このスーパーステレオは体にいい音に変える効果もあるそうだが、その通りだったと実感している。

これでまた新しい伝説が生まれた。

これからはα波の出るうどん屋だろ。

音まで体に良い事を考えるうどん屋も珍しいぞ。
ただし、忙しいときは音楽を聴いている余裕がないので分からないかもしれません。
この素晴らしい環境で仕事が出来るのはなんて幸せなのだ。
 
   

 前の日記     次の日記


1.98/01/24〜98/02/10 2.98/02/11〜98/02/23 3.98/02/26〜98/04/23 4.98/05/12〜98/06/29
5.98/07/25〜98/08/09 6.98/08/14〜99/04/09 7.99/07/17〜99/08/30 8.99/09/23〜99/10/05
9.00/01/24〜00/06/12 10.00/09/17〜00/12/22 11.01/01/22〜01/02/25 12.01/03/03〜01/05/01