5月19日

おとといぐらいでおそらく「ありがとう10万回」越えたと思われる。
なんとなくそう感じるのだ。詳しい話はこちら

なんとなしに楽しい。勝手に「ありがとう」という言葉がでてくる。
売上も更新中である。怪しい張り紙が増えた(笑)

寺山心一翁という人をご存じだろうか。この人は癌の治療で病院に行っていたのだが、病院の抗ガン剤、放射線治療に見切りを付けて「癌よ愛しているよ、ありがとう」という言葉で治してしまった凄い人だ。
このことを広げようと全世界を行脚している人なのだ。
このあいだ講演会があったので参加したが、すごいものだった。私の勉強していることと同じ原理で病気を治してしまっている。そのときにとった講演テープがあるので借りたい人はメールして欲しい。

その講演会の影響を受けて、昨日今日と日の出と鳥のさえずりを聞きに近くの公園に朝4時に行っている。
鳥は日の出が近づくと一斉に鳴き始める。それまでの重々しい空気が植物の光合成が始まるとたんに変わって、鳥が鳴き始めるそうだ。
寺山さんの癌治療ワークショップでは鳥に感じる空気の変化が自分でも感じられるようになる患者は癌が治るそうだ。それを自分でも感じられるか自分でも試してみたいと思ったのだ。

朝4時40分一羽の鳥が鳴き始めるとそれがどんどん広がっていくのが分かった。1日目は空気の変化が分からなかったが、今日は4時30分に空気が変わったことが感じられた。
そして5時30分に山から太陽が顔を出す。
そして「ありがとう」と。

鳥の鳴き声がなんとも気持ちがいい。デジ速の菊池さんも寺山さんも言っていたが朝に鳥のさえずりを聞くことは非常に良い影響があるそうだ。
そういえば、仏壇のチーンと言う音が昨日からものすぐごく頭に気持ちよく響くのを感じる。
菊池さん曰く「脳のエネルギーの8割は8kHz以上の音から取っている」そうなのだ。脳には糖分としか今まで知らなかったが実際にスーパーステレオの音を聞いていたり、鳥のさえずりを聞くとエネルギーが満たされていく感じがする。

6月5日

今日はおかしな事がたくさん起こる。
しばらく沈黙していたが書かねばなるまい。
最近話題になっている地震の予知だが、そこのHPを見に行くと大気イオン濃度の他に住民から寄せられた様々な異常現象(鳥、魚、雲、音などの異常)がこのところたくさん寄せられている。
これはやばいかもしれない。
と、おもっていたらうちの金魚

がひっくり返ってしまい、石をくわえたまま吐き出せずにそのまま窒息死してしまいました。
こないだの芸予地震の時には地震の時に気絶してひっくり返るだけでした。
特別な事情も無いのに昼頃初めてひっくり返ったままになってしまい、そしてしばらく経ってのことでしょう。
手頃な大きさの石が口に入って吐き出す事が出来ずに夕方お亡くなりになりました。
地震が来るのでしょうか?

そしてさらに大事件が・・・・・・
あの藤井フミヤがお店にやってきました。

FM愛媛に出演した後に聞いてきてやってこられました。
玉ぶっかけを食べましたが、感想は「今度は冷たいのを食べに来ます」
だそうです。玉ぶっかけはフミヤさんにはヒットしなかったかな。
そういえばここへ来られる芸能人で醤油うどん以外を食べられたのは初めてだったと思う。
少し反省。今度は積極的に醤油うどんをすすめるべしと思った。
温厚な優しい感じのする方で益々ファンになりました。
最後に握手をしたときも向こうから手を出して貰ったしなんていい人なんだぁ〜
色紙ももちろんもらっちゃったりする。ちゃっかりしとるな。

6月22日

こないだからテーブル席に
もしもついてない1日だと感じたらあなたも
これを読んだら現実が違って見えるかも
という紙を置いている
これが今、すごいことになっているのに気づきだした。
紙のコピーを持ち帰り自由にしているのだが、それを持って帰った地元ラジオ局のYアナウンサーが放送しているのである。
全然知らんかった。
昨日八百屋にいったらそこのオッチャンが、「今日もいいよったでー、あとで踊るうどんていうてた」
すでに2回も放送された・・・・・
しかもお店の名前付きで。
常連さんの大学教授さんも学生600人にコピーし配ったそうである。
今の日本は大阪の残酷な事件などあり、ひどく気分が落ち込んでいる。
そんなんときにこのメッセージを見たら、まだ日本に生まれて幸せだ、よかったと思える人も多いはずである。
そう思ってほしい。

6月25日

うどん講習会は大成功のうちに終えた。9人のみんなすばらしいうどんを作ることができました。
レポートはしばらく後にアップします。

今日は朝日出版社から電話があった。
「もしもついていない1日だと感じたら」を出版しませんか?
だそうだ。
もちろん俺が書いたわけではないので、このコピーを渡して頂いた方の連絡先を教えることにした。
広がりまくっているのである。
起爆成功(笑)
みんな関心あるんですね。
バブル崩壊で物を満たせば幸せというのが崩れてしまった。
世間は大阪の児童殺傷事件のように暗い話題ばかりである。
こんな時にぴったりだったのであろう。
新しい価値観を求める人が増えてきているのをひしひしと感じている。
この流れはますます大きくなるでしょう。

6月30日

3年になる

今朝気づいた(笑)
開店して3年・・・・・いろいろあった。
長かったのか短かったのかよくわからないが、正直・・・・・
よく3年続けたな!
1つの仕事を3年続けたのは実は生まれて初めての経験なのである。
遍路する前が一番やばかったと思う。本気で「次はなにしようか」と考えていた。
遍路の経験で今現在の自分を好きになり、仕事が楽しくなった。それ以前は未来のことばかり考えていたのである。
あんときゃ無知だったなぁ。

肉うどんを6月27日よりメニューから外すことにした。
理由は玄米菜食の生活をするようになって自分自身肉をほとんど食べなくなった為である。
玄米菜食は病気かかりにくく食費が安く食事回数も少なくなる。、仏教、インドのバガバットギーターを勉強しているのも肉から離れる原因である。
自分で「肉は健康によくないから食べないでおこう」というものを喜んでお客様に提供することはできなかった。
肉をやめて3日たったが、「肉うどんなんでないの?」と聞かれることは思ったより少ない。さすがに売り上げは1日に5千円程度落ちているが「これでいいのだ」と満足している。
実際に香川のうどん屋では肉うどんがないうどん屋が多い。醤油うどんとかけうどんだけ、かまあげうどんだけ、かけだけなどの店は珍しくない。お大師様のお膝元だからというのも影響あるかも。

7月1日

信教の話
興味のない方は読み飛ばしてください

バガヴァット・ギーターを毎日数時間読んでいる。バガヴァット・ギーターとはインドの古典で5千年前に実際に起こった起こった身内同士の戦争中、戦うことを直前にためらう道徳心の高いアルジュナ王子を主クリシュナが哲学的に説得する場面が描かれている。仏教でいう般若心経のように、ヒンドゥ教徒の各宗派で読まれています。

ガンジーはイギリス時代にギーターに出会ってそれから毎日読んでいたそうです。キリストの聖書に次いで発行部数の多い本です。今読んでいるバクティヴェーダンタ文庫社のバガヴァット・ギーターあるがままの詩(注文はここhttp://www.ny.airnet.ne.jp/iskcon/には
ギーターの内容には、古今東西の聖典に書いてあることはすべて含まれており、その上、他のどの聖典にもでていないことが、至る所にちりばめられているからである。これがギーターの特質であり、不滅の権威なのである。そしてこれこそ、完全な”神の科学”である。
とあります。読んでみたところ、私のわずかな経験と知識ではそれは正しい。としか思えませんでした。
ガンジーが毎日読んでいた部分を書きましたので興味ある方は見てください。

7月1日
その2

玄米おにぎりを求めるお客様が益々増えてきている。うどんより前に「玄米おにぎりください」と言われることも珍しくない。昨日はごはんが売り切れてしまい。お客様から「冷凍のをチンしたのでいいですから」と言われたので解凍して出しました。その後も他のお客様から「おにぎりください」と言われると「冷凍のおにぎりならあります」と告げるとそれでも構わないというお客様が大勢いました。実は冷凍を解凍したものの方が温かくておいしいのです。でも遠慮していました。これからは聞いてみようと思います。

狙ってはいないのでしたが、玄米おにぎり中毒になっている方が多いらしい・・・・・

7月2日

うちの金魚前にもまして頭がでかくなっている。

一部のお客様には金魚と思われていないらしいのである。
でもれっきとしたオランダ獅子頭という金魚の仲間なのだ。
決してターミネーターではない。
胴体と同じだけの頭の大きさがあるからといっても・・・・

体は頭より細い。
そして、もう一匹の金魚(琉金)はいつもそのひれに隠れている。おしりに何か隠されているのか。

ま、こんな感じで快適そうだ。犬小屋か簡易テントにいるみたいだ。
おもしろい仲間なんで今度見てやってください。

8月6日

第2回目のうどん講習会が7月29日にありました。
10人も来ていただいたのですが、何とか皆さんに伝授することができたようです。
今度は私の教え方が下手だったのか名古屋きしめんになっちゃってる方が多かったですね。
このところの暑さで思ったよりも柔らかい生地になったのもそのひとつでした。
しかしうどんは柔らかい生地のほうがのどごしの良いうどんになるのです。切るときにはくっついて切れにくいのですがこれがうまい。

最後に大根下ろしを言葉で辛くする方法もやりました。最初はみんな信じませんでした。これは現代科学の世界で育った私たちには分からないのが当然です。でも本当にできたときにはみんな驚嘆しました。くれぐれも食事を作るとき(そうでないときも)は悪い言葉を使ったり思ったりしないでください。「ありがとう、ありがとう」と唱えながら基本どおりに作ると驚くほどうまいものができるのです。おいしいものが作れない人というのはおそらくその両方が欠けているのではないでしょうか。

8月31日

北海道から帰ってきて5日目になる。
8月12日から27日まで夏休みにして北海道三十三観音巡りをしてきたんです。
16日間も休んだんだから暇かも知れないなーと覚悟しておりましたが、実際のところ帰ってからとても忙しくてお客様と土産話をする間もない程なのです。(昨日なんて1時10分頃に玉切れました。玉切れ時間記録更新かも)。

ありがとうみんな!
私のわがままを許してくださって!

出発前に従業員さんと話していたことがある。
「帰って、もしお客さんが減ったときは、観音様への巡礼が足りなかったのだと思ってください」
「それナイスな言い訳やね(笑)」
「でしょう(笑)」
お客様が帰ってきてくださってホッとしております。

ところがひとつ悲しいことがありました。おとといの朝、デカ頭金魚がお亡くなりになりました。原因は長期間世話をしなかったために、自動餌やり機をセットしていたのですが餌が少なくなったのか、寂しくなって食欲がなくなったのか(人がいないと寂しそうにしていることがよくありました。)、水質が悪くなったのだと思われます。かわいそうな事をしてしまいました。冥福を祈ります。

北海道三十三観音は三十三の真言宗のお寺に納められた観音様を巡礼する旅です。道内広くにあり全部巡礼すると約2500kmバイクで9日間かかりました。ちなみに道内にも真言宗のみならず普通のお寺はたくさんありますよ!
北海道三十三観音は有名でないらしく夏でも数日に1ぺんぐらいのようです。おかげで住職さんに直接納経帳を書いていただき、お話もできます。静かな誰もいないお寺の中で畳に座って思う存分ご本尊様を眺めながらお経を読めます。(四国八十八ヶ所では信じられませんよね)
道内では道の駅スタンプラリーをしており、道内100以上ある道の駅すべてでスタンプを押すと賞状などがもらえるそうです。そっちのほうがはるかに有名でしたが、納経帳は家宝になりますよ。(別にそれがほしくて巡礼したのではないのですが・・・)バイクで道の駅スタンプラリーの話をしている人に納経帳を見せてあげたのですが、ちっとも興味なかったようです(ま、当然でしょう)

パートさんたちも長い夏休み喜んでもらえて良かった良かった。

9月2日

タウン情報松山の「美食倶楽部」を買ってみた。読者お勧めコーナーにうちが出ているのである。
醤油うどんを載せたかったが、紙面の編集の都合上、先に久兵衛さんが生醤油うどんを載せているためにうちは「玉ぶっかけ」になった。
どこのどなたか存じませんが、推薦していただきありがとうございます。

ペロペロめくっているうちに興味深い事実が判明した。自慢することではないのだが、
あらゆる飲食店のなかでおそらく一番営業時間が短いらしい・・・・
完全週休二日制の飲食店でさえ極微なのに(ビジネス街向けのお店に少しある)、郊外で、うどん店で、しかも営業時間が4時間半というのはうちしかないようである。
みんな良く働くなぁ・・・・
そんなに働いたら自分を見つめることができにくいでしょう。

妻子、各種ローン、寝たきりの祖父母の世話、地域活動などさまざまな責任をまだ私は持っていないからこのようなことができるのだろう。それらはいずれ負うことになるのだろうか。今の私はそれらから自由のままでいたい。
他にも働かない理由がある、さきの条件が得られても、もっとお金がほしい、有名になりたい、世の中を動かしたい等、欲望を働かせないのである。
はっきりいって、命が繋ぐだけ働けばそれでいい。
宮沢賢治の雨ニモマケズをうどんを踏みながらいつも歌っている。

雨ニモマケズ 
風ニモマケズ 
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 
丈夫ナカラダヲモチ 
欲ハナク 
決シテ瞋(いか)ラズ 
イツモシズカニワラッテヰル 
一日ニ玄米四合ト 
味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ 
アラユルコトヲ 
ジブンヲカンジョウニ入レズニ 
ヨクミキキシワカリ 
ソシテワスレズ 
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ 
東ニ病気ノコドモアレバ 
行ッテ看病シテヤリ 
西ニツカレタ母アレバ 
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 
南ニ死ニサウナ人アレバ 
行ッテコワガラナクテモイイトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ 
ツマラナイカラヤメロトイヒ 
ヒデリノトキハナミダヲナガシ 
サムサノナツハオロオロアルキ 
ミンナニデクノボートヨバレ 
ホメラレモセズ 
クニモサレズ 
サウイフモノニ 
ワタシハ 
ナリタイ 

そんなふうだから儲かれば自動的に、営業時間のほうが減ることになる。休みも増えるわけである。仮にお店が天災、人災等で失われても別に執着しないのである。そのままお坊さんになってもいいわけだし(笑)。皆さんは笑えませんね。
ただし、労働時間が少ないほうがいいと言っているわけではありあません。働くということはすばらしいことで神聖なことです。働きすぎは良くないといことで、適度な時間働くことは人を幸福にします。私の場合、今はあと1時間ぐらい少なくするとちょうどよい気がします。

もしも「どうも思うようにならない」と悩んでいる方には私なりにアドバイスを差し上げます。今はニール・ドナルド・ウォルシュの「神との対話」を読んでいますが、(三十三観音巡りを結願してから見つけた本。偶然得た本なのだが、実は偶然ではない)そんな方法が様々に解かれていますね。
人間は神(仏)の子であり、私とあなたは同じであり、人生はあなたの思うとおり。
この昔から様々な大師、預言者、哲学者の言っていた意味がこれを読めばわかりますよきっと。

9月6日

もう一匹の金魚ちゃんも今日お亡くなりになりました。
4日前には元気だったのですが、尾ぐされ病という病気に感染してしまい、数日のうちに対処不能となってしまいました。前の大きな金魚が亡くなったのも同じ原因だったのですばやく新しい水槽に移していればよかったのですが、気づくのが遅すぎました。(T_T)

北海道から帰ってから様々な気づきがありました。
ひとつは自分に嘘をついてはならない。
もしも約束事をしたが、それを守れなくなったときどうするか、
たとえば私の例でいうと大学に入学して4年間勉学に励もうとしていたが、半年ほどで夢と現実の違いが押し寄せ気が変わり、楽しくなくなってきた。そんなとき、嫌でも卒業すべきと言う人もいるだろう。だが私は違った。「自分に嘘をつきたくない」。
どうも辛抱できないのである。嫌なことは絶対したくない。体が言うことをきかない。
その学年の最後の試験でわざわざほとんど白紙で出して落第確定にしてから。
期待され、金銭的にも大変世話になっている両親に
「俺やめるから!」
というわけである。
それから転職を繰り返しました。嫌になればとっとと辞めました。嫌になれば体も心もおかしくなりそうなのです。でもいつかは「月100万ぐらいかせいだる!」とか言ってました(笑)。
そんなことだから一部では「ほら吹き」扱い。でも自分には正直でしたよ。
だいたい世の中「誠実そう」と言われる人ほど、人との約束を守るために自分を押し殺しています。
すなわち自分に嘘をついているのであります。
このごろ諸々の誠実と言われていた方々が耐え切れなくなっておかしな事件を起こしています。

対して一般的に「ほら吹き」と言われる方はどうでしょう。
本気で人をだます為に嘘ついてる詐欺師もなかにはいるのですが、
「自分に正直」、あるいは「本気でそう思っている」という人はほら吹きなのでしょうか?
ボクサーのチャンピオン、大統領、金メダリスト、キリストなどなど、以前はほら吹きと言われた人ばかり。
私は自分に正直なほら吹きがいいなとおもう。

もし約束が履行されなかったら、相手が辛い思いをしてかわいそうでしょう?
たしかにそう思います。
だけど、こう考えてもいいですよ。
相手に赦すという神の持っている最高の徳を得るチャンスを差し上げているのです。
相手があなたを赦して私を自由にしてくれれば、その人は宇宙の法則に従い(投げたものは必ず帰ってくる。因果の法則)、
自分はもっと自由になれるのです。自分が困ったときにたくさん赦されるのです。
世の中、「約束を守ってくれないどうしたことか、困った困った」と言う人は人を赦してこなかった人なのです。
「どうして約束を守ってくれないんだ!」と叫ぶ人、
人を束縛しようとするその人は、それ以上に束縛されるのを知らなければいけません。
本当は約束を守ってくれない人は天使なんですよ。
私に自由を与えてくれるすばらしい人なんです。

私は明るく楽しいほら吹きがいいな。


  前の日記      次の日記