2003年1月14日

新年明けましておめでとうございます
送ればせながらのご挨拶です。
さっきまで友人と飲んでいました。
今も、たっぷり酔ってます
途中通過したオランダ土産のチーズフォンデュを楽しみました
やはり友人はいいものです。
おかげさま今日はもう24時を過ぎてしまい、アフリカ旅行の日記は明日から順次アップしようと思ってます。
はじめての殿様旅行のつもりでしたが、とってもアドベンチャーな旅になってしまいました。
帰ってから思うことは寒くなったのか、キーボードを打つ手が冷たく自由に動かない・・・・
やなぎ家さんの日記みたいに指の先なし手袋を作ろうと思う今このごろ・・・・

2月8日

アフリカ・キリマンジャロ紀行
書いているので普通の日記のほうがおろそかになっていてはいけないのでは・・・

とはいえ、ここのHPにはじめて来た人はきっとびっくりするだろう!

「うどん屋日記やのにうどん書いてないやん!」

そういう突っ込みを時々聞いております
個人的に面白かったことをダイレクトに伝えることを目的としています
面白ければなんでもええやんって奴です

お店の変化といえばにがりというのを扱い始めました

にがりといえば豆腐を固めるやつと知っている人も多いでしょう
これは豆腐にも使えるんですが、ミネラル補給のための健康食品にも化粧水にもハンドクリームのかわりにも、虫刺されにも火傷にも効果があるんです
スプレーに原液を30分の1薄めたのを入れて、手によく塗ります
さらさらしていますが、すべすべが長持ちしてこのごろの手あれの時期に重宝しています
ハンドクリームだと食品を触るときには石鹸でおとさないといけないのでめんどうなんだよね
これだと営業中にも使えて便利である
パートさんは気に入って化粧水代わりにつかっている
調子はかなり良好でほかの人にも勧めて広まっているようだ
これは800円で売っている
原液は60ml入っていて中がスポイトになっている1mlをスプレーにいれて水で薄める(30倍になる)
60回使える計算になるから相当お買い得といえよう
虫刺されには原液を塗るとぴたっとかゆみが止まってしまうから不思議だ
ちなみに、にがりというのは塩田で塩を作ったときにできる
海水を濃縮させて塩の結晶ができるけど結晶にならなかった液体部分がにがりだ
だからミネラルが相当濃いわけだな
塩化ナトリウム99%以上のいわゆる食塩はミネラルをほとんど含んでいない
それが現代病の原因のひとつらしい
このにがりを摂りだしてから病気が治った報告も数多くあるそうだ
このにがりを知ったのは富士通テンのタイムドメインスピーカーを買ったオーディオショップであった
どこかのガソリンスタンドでも扱っているらしい
にがりを輸入販売している社長はちゃんとお客様に説明してくれる人に売って欲しいそうでそうなったそうである
専門店なのに専門以外の不自然な商品が売ってあって、店員に聞いたら「オーナーがお気に入りだから売っているんです」という商品が大好きである
キムチ専門店の「どくだみ茶」とか、健康食品店なのにスピーカー売ってたりするのは気になってしょうがないたちである
似てるからかな・・・・

2月25日

更新が遅れているぞと思われている方すいません
最近オークションにはまっとんです
ふと日曜日「暇じゃなーレンタルビデオでも借りて映画でも見てみようか」と思ったとき
とっさに「映画は画面がでかくないとな。液晶プロジェクター安いの無いかなぁ」
とオークションで見てみたすると残り15分の商品で45000円で液晶プロジェクターがあったのだ
液晶プロジェクターがあればホワイトスクリーンに映して大画面で楽しめるのだ
とっさに入札した
ほかにも参加者がいたのでじりじり値を上げて56000円で落札
かなり古い機種でWindows3.1のソフトがついているという年代ものだった
でも当時は80万円ぐらいはしたものなんだよ
スクリーンも安いのを見つけてきた幅が2100mm高さが1800mmのものが9500円で購入できた
プロジェクターマニアな人があれこれ試しているうちにすばらしく発色のいい白布を見つけたのでみんなにも売っているのだ

こんなにも大きい
上は物干し竿を利用している

驚くほどの出来栄えだった合計7万円程度とは思えないほどのすばらしさ
ドット数が少ないために画面の粗さはあるが問題ないレベルだ
映画はやっぱ大画面だね

あと、調子こいてスノーボードまでオークションで手に入れちゃいました
物欲に爆走中・・・・・・・・
ストレスちゃうやろか・・・・・・

3月3日

こないだプロジェクターを手に入れたばかりだというのにオークションで見ていたらもっといいのが見つかったのでまた落札・・・
2台もプロジェクターがあってもしょうがないのでオークションで売ってしまおう
うまくいけば買ったときの値段よりも高く売れるかもしれないのがオークションの楽しみである
この頃、物がどんどん増えていっている
いったい何をしたら喜びを感じるのだろうと、もがいているようにも思う
何もしないというのに耐えられないのだから、イメージが浮かんだとおりにしているだけなのである

昨日はオークションで買ってきたスノーボードで友人らを拉致し初滑り
おとといがすごい雨だったのだが雲ひとつ無い上天気
そのうえ今日は朝から雨なのだからかなりツイてた訳だ
雪はシャーベット状になっていたが練習するには良かった
1度目2度目にはものすごく足の筋肉が緊張して痛いほど疲れたがどんどん慣れてターンができるようになってきた
子供のころから普通のスポーツは大の苦手だったが小学生の頃、竹馬でぶつかって落としあいをするとクラス一番だった
バランスを要求するスポーツが得意なのだ
スピード狂なのか知らないが、自分のコントロールが利かなくなった瞬間の恐怖感がすきなのである
あんときアドレナリンとか出るらしいからそれが欲しいってことか(笑)
インラインスケート用に買っていたお尻パッドと手首ガードがとっても役に立ったな
もうバイクでは最高速を楽しむほどの度胸がなくなってしまった
代わりにプロテクターで固めてスノボーでスリルを味わうのだ(笑)
友人は俺がスノーボードを買ってまですることに意外さを感じたようだ
ほら穴で瞑想でもしているのが似合っているというのか?(それも好きだが)

エリザベス・キューブラ・ロス博士の新刊が出ていた

前作「人生は廻る輪のように」のなかでエリザベスは「まちがいなくわたしの絶筆になるはず」だと断言していたのに当時死に掛けていた彼女は少しずつ回復して新たな本を出すことになった。「嘘やん」って思った(笑)

『すぐにも死がやってくるだろうと幾度となく覚悟した。そして幾度となく、それが訪れてこないことに失望した。準備はできていたからである。でも、死ななかった。なぜならわたしにはまだ学ぶべきレッスンがあったからだった。そのレッスンの数々は人生の生に関する究極の真実であり、いのちそのものの秘密である。わたしはもう一冊、本を書きたいと思うようになった。こんどは「死とその過程」についてではなく、「生とその過程」、つまり人生と生き方についての本を』

死にゆく寸前の人というのは人間にとって最も大切なことを学ぶことができるし、教えることもできる
現在の最終医療は死にゆく人を物扱いしてなにも学ぼうとしない、患者が死について話そうとすると家族でさえほとんどの場合逃げてしまうかお茶を濁して誤魔化してしまう
人生に死が迫っていないときは人間にとって最も重要な問題を後回しにして物を溜め込んだり、権力を求めたり、なにかに執着してその問題を誤魔化そうとする。しかし人生に終わりが来たときにはその最も重要な問題に対処しなくてはならなくなる。だから死にゆく人は偉大な教師になるのだ

内容はまだちょぴっとしか読んでないが本書は私にすばらしいプレゼントになる予感がする
突然裕福になったり健康になったりするわけではないが
「不完全な人生を大いに楽しむようになった」
というその感じを得るきっかけになればとおもう
前作、「人生は廻る輪のように」のときよりもずっと言葉の力が増しているように感じる、死のふちをさまよって復活した人というのはここまで力を増して返ってくるのか

田口ランディさんが人生の転機を29歳で迎える人が多いと言っていたそうだ
俺も29歳、物質的なこと、精神的なこといろいろなことに手を伸ばしているのは転機が近いということか?

3月5日

昔のお坊さんになぜ素晴らしい人が多かったのか、エリザベス・キューブラ・ロスの本を読んだことが知るきっかけとなったようだ
昔のお坊さんというのは医術もできた人が多かった
だから亡くなった人が具合を悪くしたときからずっとその人とコミュニケーションを取れていただろうと思う
亡くなったあとの葬儀も、遺族への心の援助もしていただろう
死を覚悟した人というのは全てを手放してゆく、仕事、地位、名誉、財産、家族、肉体・・・・
その過程でその人が虚飾のないほんとうのその人になる
赤ん坊にかえってゆくように
それでもその人のパーソナリティはなくならない
純粋にその人になっている、見栄も体裁もいらなくなる
そんな人と心をひらいた対話をしていたなら残された命のある健常な人も純粋な人になってゆく
エリザベス・キューブラ・ロスはそうだったマザー・テレサもそうだった
昔の医術もできたお坊さんもそうだったに違いないと思った

3月15日

キリマンジャロの更新がずいぶん遅れてしまっている
その原因は忙しさなのだが、ほとんど遊びに忙しくなっちゃてて楽しみにしている人には大変申し訳がない
もう3月だというのにスノーボードをはじめちゃうし、オークションで安いからとこんどはショートスキー(ファンスキー)やらスキーキャリアーやら色々購入しちまったのである
火が付いたら燃え尽きるまでどんどん進めというのが主義であるから仕方がないと思っている
あちこち手を伸ばしちゃって大変

そして昨日はホワイトデーであった
粉もん好きの俺としては今年こそ手作りクッキーに挑戦したいと思っていた
買ってきたクッキーをお返しするって義理を果たしましたよって感じで楽しみが少ないと感じてしまうのだ
クッキーはホワイトデーに限らず以前から実は作ってみたかった
どうせなら自分が食べてみたいクッキーをベストタイミングを活用させてもらおうじゃないか
今ではインターネットで簡単にレシピが見れるのでそれを活用させてもらった
見つけてきたのはコレである

意外と簡単に作れてしまった

うまそっ
こうやって写真をHPに張るだけで味を思い出してよだれが出てきてしまう
実は気づかなかったのだがこのとき大きな間違いをしてしまっていた
薄力粉を使うべきところを、薄力粉と思い込んで買ったのが強力粉であったのだ
スーパーで買うときにも気づかず、封を切っても気づかず、食べても気づかなかった(^^;
翌朝に薄力粉の袋にクッキーの作り方書いてあるかなとおもってみたらパンの作り方が出ていて
「薄力粉でパン??????うぎゃーーーーー強力粉やん」

とはいえサクサクとした感じは楽しむことができた。それに当日大好評!
おいしいので興味深深に女の子レシピを見ていたが、ちゃんと「強力粉なんがポイントなんよ」と伝えておいた(笑)
強力粉でもこんなにおいしく作れるのだから、こんどはうどん用中力粉で試してみよう
来年はホワイトデーにうどんの粉で作ったクッキー売ってるかも
ただで欲しい人は大将にプレゼントしよう(もうすぐ誕生日なんだよなぁ)

3月22日

おでんの具を仕込むために椎茸をくしに刺していたら驚くべきしいたけを発見

星?
でっかい星が刻まれているではないか!
これは自然に出来たものなのか??????
これまでジョーズの形をした長いもや、ハート型したジャガイモは見つけたが、これが自然に出来たとすると更に芸が深い
よくよく見ると、小さな星がいくつも入っている
合計6つも星が刻まれている!
これは人間の仕業か?
だとしたらこれを刻んだ中国人は報われたに違いない
まさかHPにまで載せられているとは思うまい(笑)

4月1日

明日は誕生日である
いよいよ三十路に突入
なんか年齢ばっかりとってるような気がしてならない
体はどんどん元気になって、考え方は軽くなって来ている
でもなんだかなぁ・・・・・
歳はとりたかねぇなぁ

前は年をとるのが嬉しいと思っていたが、そう思わなくなったのが年とった証拠か(笑)
さようなら20代
暇だったらハッピーバースディのメールよろしくね。

4月3日

バースディメールを下さった方々ありがとうございます
意外にも大勢の方から貰えて、HPを書いていることが嬉しかったです
従業員さんからもケーキを頂いちゃったし(おねだりしてたけど)

もう30なんだよなぁ〜
感傷的になったけど、どうかわるのかなぁ・・・・・
常連さんからは30なったら「休まずにしっかり営業してね!」
と言われてしまった

それだけは変わりそうにない(笑)

4月12日

ゴールデンウイークが近づいている
それまでにはキリマンジャロ日記を登頂まで書き込みしたいものである(^^;
お休みであるが、27日から5日までの9日間です
去年は沖縄にいってきたけど、今年は鹿児島の予定です
砂風呂でも入ってくるかな

秘密だったんですがうちにはツイてる鍋があるんです
踊るうどん屋だけに
この鍋は、ほんとーーーーーにツイてます

やばいです

マジで踊ります
これを見た人は決して誰にも言わないでください
おほほほほほほほほ