4月28日

宮崎県婦人会館にあるユースホステルにいる
去年はGWに沖縄に行っていたが、今回は鹿児島に向かうことになった
その中継地にここを選んだのである

YH(ユースホステル)の会員期限が切れていたので宿泊料金2600円+YH入会費2500円払うことになったが受付のお姉さまの愛想もよくお風呂も清潔で安くてなかなかよいなぁという感じだ

昨日は松山を5:00に出発して高千穂渓谷のある天岩戸神社に到着した
到着して神社を軽く見て蕎麦を食べたところ、気が抜けたのか急に頭痛が出て車中泊した
やはり疲れていたのだ
旅の最中には1回は必ず頭痛がするときがあるのでこれで禊(みそぎ)が済んだんだろう

今回の目的地は鹿児島にあるのじま医院http://www.nojimaiin.com/である
以前から興味があったので健康に問題はほとんどないけれども見学させてちょうだいとお願いしたら許してくれたのだ

バイクで行こうか、飛行機でいこうか、自転車かとも寸前まで悩んだ末に、愛車をキャンピングカーにしてしまおうということで落ち着いた

RVRのリアシートを取り外してしまえばフルフラットになって寝るのにちょうどよいスペースができたのである
もう、ニヤニヤしながらキャンピングカーでの快適な旅行を想像した
初めて寝るのが疲労と頭痛で寝る場所を確保するのに苦労しながらではあったが、テントと比べればずいぶん快適だ
おかげで今朝はすっきりと起きられた

高千穂峡でボート遊びを野郎一人で「女おらんかなぁ」と楽しんだ後、天岩戸神社にもっかいいって神社裏にあるご神体である崖(木が多くてようみえんかった)を見せてもらう。説明してくれる方の声は独特のものがあった。

ここのユースホステルは簡素ながらゆったり休憩も仕事もできるのでこうやってパソコンを開けることができる
明日はどこで寝ようかまだ決めてない。指宿(いぶすき)の砂風呂にはいきたいなー

4月30日


のじま荘(のじま医院)に到着
ここに書くことはじぇんじぇん本当のことだと思わなくてのでかまいません
ただ私が見た現実を書いてます

病院についてしばらく待合室にいるとやたら愛想のよさそうな顔色のよい頭をつるつるに剃っているおじさん(岸さん)が声をかけてきた
「診察にきたの?」
「いえ、見学に来たんです。面白そうだったんで・・・・・・」
「ここは最高じゃぁ」「のじま先生は日本一のお医者さんだ」・・・・(べたぼめしまくる)
「入院されているんですか?」
「わしゃ十日前にここに来たんじゃ、心臓病で末期でお医者さんにあと1回発作が起こったらお陀仏だっていわれてたんじゃ」
(岸さんはICU(集中治療室)に12
回入ったことがあり、危篤3回、臨死体験3回{黄金色のひかりのなか、三途の川を渡ろうとしたところ、1度目は大日如来、2度目はお釈迦様、3度目は薬師如来がでてきた}、血圧最高値20最低値0で30分いたこともある)
「今そんなに顔色がいいのに信じられませんね」
「きたときは土色しとったんじゃ、目も開いてなかったし、のじま先生のおかげじゃ。今は血圧が最高120ある。」

岸さんのおかげで患者さん同士のお茶会にも参加させてもらって先生に会う前から患者さんとたくさんお話しすることができてラッキーだ
先生が本物かどうか、先生に会うよりも患者さんに聞いた方が分かると思ったからだ
そこでは出るわ出るわ、「私は乳がんで昔他の病院で切除してもらって肺がんが再発したんです。肺の片方なら片方だけ切除したらいいんだけど両方の肺にできちゃって医者もどうすることもできなかったんだけど、ここへ来たらすぐに癌が小さくなっていったんです。」
そのほかにも昔癌の治療をここでしてもらって、先生が忙しくて診察してくれないから遊びに来ているというひともいた
ここではカルテをみたら生き生きとしているのが不思議な人ばかり

話していて面白いのは、退院するときに残念がるのである。みんなが。院内の患者さん同士はほんとうに仲がよく、病気が治るのは当然と思っていて明るい。しかも料理は無農薬栽培された野菜を使ってすごくうまい
退院するのを嫌がるわけだ
岸さんと温泉に行くことになった。うちの車でという話だったが、みんなも行きたくなって合計7人で別の車で行く
そこの温泉もよかった。かじか荘といってぬるめの温泉で色はエメラルド色。長く漬かっていられる。
北海道からここに来た人もいる。地元出水市の患者さんよりも県外の方の方が多いそうだ。

温泉から帰ってきて先生の診察を見学することができた。最初にカルテにフーチー(振り子)をかざして心にどんな問題をもっているのか調べる。野島政男先生は病気の原因はあなたの心に問題があるからだと言っている。どんな怒りをもっているのかフーチーで当てることができるのだ、それでだんなさんとの仲が悪いのを知ると「だんなさんを許してあげなさい」という。すべてはひとつなんだから誰かのことを嫌っていると絶対自分にも現れてくると言っている。
患者さんとの話の中でも「ここへきて心がきれいになった」「だから病気が治った」とも聞いた。それは確かなようだ。
「人への悪口をやめなさい」「悪口ばかり言う人はかわいそうだとおもいなさい。ぜんぶ自分にかえってきちゃうんだから」
治療は足をもみほぐしている。病気になっている人は筋肉が硬くなっているので柔らかくしているそうだ。
そのときにエネルギーも入っている
診察は1人10分ぐらいだが見事にどんどん目の前で楽になっているのが分かる
診療中によく患者さんから電話がかかってくる
「はい、右手で胸を押さえて、10分間我は空なりと思っていてください、じゃ電話を切るね」
遠隔治療をしているのである
それも診療中だというのにしょっちゅう電話がかかってくる
面白いなぁ(笑)
最後に俺も診てもらった
右足の裏をもみほぐしてくれて気持ちよかった。重い病気の人はすごく痛がるそうである。
立ち上がると体の右半身がぽかぽかする。
先生が俺に気を送って歩く実験をしてもらった
「後ろへ倒れる」と言うと後ろに引っ張られるような気がして倒れそうになる
「前に進む」といわれると前のめりになりそうになって歩く動作になる
さすがだ
健康保険は利くし、宗教や拝み屋さんとは違い料金がはっきりしているのもいい
ただ、完全予約制で予約しても外来で3ヶ月以上、入院で6ヶ月は待たなければならないことを覚悟しなくてはならない
余命が少ないなど緊急に治療するばあいは除く。それが嬉しい

ツイてることに一緒に飲もうということになって一緒にのめることになった。先生は酒は好きだが普段は他の人を呼んで飲むことはめったにないそうである。
他の患者さん達とも集まって談話した。もうほんとうにすばらしいところである。

のじま先生と岸さんと俺


夕食(玄米ご飯、味噌汁、魚と野菜、芋、サラダ)


患者さんとみんなで、かじか荘に行ってきました。かじか荘は鹿児島県温泉相撲番付で東の横綱にもなったことがある秘境の温泉です。食事なしだと一泊2500円!


意識が病気を治す 野島政男 たま出版
この本を読んでください

↓検索ボタンを押して見てください。たくさん出てきます

5月2日


指宿(いぶすき)のユースホステルにきた
今回の旅はのじま荘と鹿児島の愉快な温泉たちという訳できたのだから、鹿児島といえば指宿の砂風呂を逃す手は無い

その前にのじま荘が先になってしまったが、その前の日に霧島温泉郷の岩風呂にもいってきたんだ
それがもーれつにワイルド
川がそのまんま温泉なんだ

見よ、この川が全部温泉!
着替え場が無かったのだが、他に誰もいなかったので遠慮なく飛び込ませていただいた

ちょうどここのお湯(ガイドブックに目の湯とあり、熱くて入れないよと書いてあった)がぬるめでちょうどよかった

そのあとに霧島ホテルの大浴場にもいってきたそこは1度に1500人入れる風呂があり(男女別・混浴)装飾がまるで宮崎駿の「千と千尋の」に出てきた温泉を思い出す感じ(笑)


で、今居る指宿の砂風呂だ
浴衣に着替えて砂の上に寝転ぶと砂をかぶせてくれる
それが、重い
重いおかげで脈拍がズンズンと聞こえる
全身砂に埋もれていると熱いので5分ほどで我慢できなくなったが、900円だして元取らねばという貧乏性が働いてがまんしたが、耐え切れず手足を少し出したら楽になった
そのあと普通の温泉に漬かり、気分すっきりさわやかな気持ちであった

5月4日

3日の朝8時に指宿をでて夜11時に家に到着
かなりの距離であったが行くときと比べ大して疲れていないのが不思議
すいすい高速道路を進んでいたが、大分県の日田市IC手前で渋滞しているので手前のICで降りた
日田にのじま医院さんのことを教えてあげたい人がいたのでそこにも立ち寄った。きっと神がそこにも教えてあげなさいと言ってたのだろうと理解している
日田市で自転車屋を営んでおり、なかよしサイクルショップというお店を開いている
小林正観さんの赤川荘合宿で知り合ったのだがこの人もすごく見えない力のことには詳しい
幸い、野島先生のことは知らなかったので教えてあげた。予定通りだ(笑)
このお店のオーナー中塚さんは阿蘇にいる陶芸家、北川八郎さんの弟子である
北川八郎さんはインドでさまざまなことを学んできたそうだ。執筆活動もしている。
北川八郎さんで検索して見ても面白いだろう
中塚さんも北川さんも遠隔治療ができる
このことを信じられない人も多いと思いますが、そんな友達が多い

俺がなんでこんなにこのようなことを知りたがっているのかが自分でも不思議なのだが、
それをやってるのが楽しくて仕方がないのだ
それにそれを知っていると例えば魂は不滅なんだということを知ると死ぬのが怖くなくなって、どんなひどい目にあって死にそうになってもへっちゃらでいられる
のじま先生のような癌をあっという間に直してしまえる人をしっていると、知ってないのでは自分が癌になったとき、親しい人が癌になったときの反応が違う
俺はすっかり心構えができているのであわてなくてすむ
癌にかかったら一家が破産するとまで言われる
だからこのようなことを知っているのはものすごい財産を得たのと同じことともいえる
いやー、まったくツイてる

ここのHPを見ている人もとんでもなくツイてますよ!


<しあわせ通信>第一集 心はゴムひも!? 発行 本心庵
この本を鹿児島旅行へ持って行きました
すばらしい本です!
一般の本屋さんでは買うことができません
読書のすすめさんで買うことができます。

5月5日

ツイてることが3回あった
昼ごはんを食べに近くのうどん屋さんに行くとコーヒーが「マスターからです」って出てきた
そんなに話すことはないのだが、なんかツイてるなーって

昨日マウンテンバイクを注文した自転車屋さんがそばにあったので、スタンド無しで注文していたのだが、不便かなと思って声をかけて「スタンド付けてください」と言ったら無料で付けてくれた
ツイてるツイてる


そして自宅に帰るとサギが魚をつっついている
なんだろなーとおもって近づくと大きなどじょうが元気に暴れている
このままではサギに食べられるのが早いか、窒息して死んでしまう
サギには悪いがどじょうを川に返してあげた
自分勝手によきことのつもりで自分勝手にどじょうを助けてあげたのだが、目の前で明らかに助けを求めているどじょうを助けないわけにはいかない
いいことをしたのでツイてる
助けてあげてすっとした

5月18日

飯田先生の講演に行ってきた
もう、インターネットでダウンロードして聞いた人もいるでしょう
同じ内容を話しました
ダウンロードした講演のほうで最初「ミッフィーのネクタイをしていないとがっかりする人がいるから今回もしてきました」
という場面があるのですが、今回もしていました(笑)
なんかうれしいねぇ


サインしてもらったときに「ミッフィーのネクタイで来てくれて嬉しかった!」と伝えていればもっと面白かったなと思うわし
一応「HPがありますよー」と名刺をお渡ししていたのでこれを見てくれれば面白いなと思い講演から帰って早速更新しています。
公演内容はほんとうに素晴らしいです。
物質主義者で生まれ変わりとか全然信じてない人でもこの人の話を聞けば納得する人も多いでしょう
また、結婚したくても相手のできない人はどうしてなのか?
今まで人に親切にしてきた人はより親切に、
今まで人をいじめてきたり、自殺しようと考えていたりしてきた人の多くは考え直すのでは無いだろうかと思えます
興味のある人はダウンロードして頂くか、このHPを見た方に特別に無料で今日の講演のMDかCDをプレゼントします
皆様によきことがたくさんたくさんたくさんめっちゃくちゃ死ぬほど起きますように
死ぬほど嬉しいとか言う言葉がありますが、あれ、本質ついてるな
聞けば分かります

この本買ってください

PHP研究所 2400円
読書のすすめさんで心の栄養本コーナーにあります
さすがだね読書のすすめさん!
(ただし読書のすすめさんで載ってたのは旧判です「生きがいの創造−生きていく明日からも」で注文してください
飯田史彦講演会の録音をダウンロードできます

6月11日

結界を張りなおした

なんじゃろと思うでしょう
塩なんです
神事のときとか、相撲の塩ですね
部屋の四隅に三角に盛っておいておくのだ
3月の中ぐらいに友人に斉藤一人さんの銀座まる漢の「結界塩」を頂いた

結界とは神様の世界と私たちの世界を結ぶということだそうだ
それをお店の四隅とトイレに小さく三角に盛っておいて毎日なめて1週間で交換をする
そうしたら効果が出てきたのである
3月はそれまでいつもよりは売り上げが下回っていたので、ちょっと結界でも置いてみよっかな〜
ってやったらすぐにお客さんの流れが変わっていつもよりよく繁盛しはじめた
それをしばらく続けてたのだが、5月のGWに鹿児島から帰ってきてからは交換もせずほったらかしにしていた
5箇所に置いたうちの3箇所の結界塩が無くなっていた
結界が穴だらけ、決壊である

そして、なんかいつもよりもお客さん減ったかなぁ・・・・・・
と感じた昨日、塩を盛りなおしてみた

そうしたら今日は大繁盛
2時に玉切れになってしまったのである
やっぱりかぁ〜
従業員一同納得するのであった
いいことは続けなくっちゃね

玉ぶっかけに使っていた玉子がすっごく生まれ変わりました
これまでも良質な玉子を使ってましたが、知人に紹介されて岡山の養鶏場から直接送ってもらってます
玉子を箸でつかんで持ち上げることができます
玉子アレルギーの人も食べることができるそうです
普段は生玉子を飲むことはしないわたしですが、飲んじゃいました
玉子独特のくせがないんです


黄身に爪楊枝が立ちます、何本でも立ちます(笑)
記録に挑戦してみてはどうだ

6月12日

今日もなんです
2時少し前に玉切れ〜
やはりただものじゃない結界塩
天気がぐずついているから今日はどうかなぁと思ったのだけどね

商品の裏に「お気に召さない場合には返金いたします」と書いているだけあるな

パートさんに渡した給与袋が帰ってきた
このごろはいつも給与袋にお給与と簡単なメッセージを入れてある
それがかなり評判よい
給与袋の5月のはんこをつく欄に

ありがとうございます
幸せでーす(ハートマーク)


と書いてあった嬉しかった
なかなか従業員さんから感謝の言葉をもらうことってあまりない世の中じゃないかなって思う
家宝にしとこ

このあいだ取り上げた<しあわせ通信>心はゴムひも!?の第2巻「神様の壷」を1日づつちょっとづつコピーしてパートさんたちに渡している。それもなかなか好評である。1冊どんと渡しちゃうと読むの大変だしね。時間もかかりそうだし、なかなかのアイデアかも
心はゴムひも!?も本当は最初は本じゃなくって立花大敬さんが1話ずつ書いてコピーを知人に送っていたそうだ
内容がすばらしいのでそのコピーが人から人へ渡っていっていつか本になるのを期待されていました
大敬先生は本は出さぬと言い張っていましたが、友人が代わりに出すことで本になったそうです
本がいくら売れても執筆料をもらわず、何の権利も持ってないそうです
「私のように教育者としての天命を持って地上にやってきている者は、お金にご縁があってしょうがないというのであってはいけないのです。お金に縁がなく、お金に左右されないからこそ、教育者(宗教者、著述家も教育者です)はどんな立場の方からも尊敬を受けることができるのです。
ここのところは大変大切なところで、たいていの有能な教育者はここでくずれるのです。お金でくずれ、名誉でくずれ、地位でくずれます。教育者は生涯常に試されています。」
(神様の壷より)

6月19日

昨日は波動測定器というのを初めて見た
にがりを納入してくれている人と一緒にやってこられた方が持ってきたのだ
波動のことはちらちらと話には聞いたことがある
波動測定器を使うと体のさまざまな部位の波動が測定できる。体に合う食物や薬がわかる。
免疫機能とか、胃、脳、目の筋肉、イライラ、ストレス、幸福・幸せ、その他たくさんの状態が最高点20ポイントで表示される
ためしに一番最初にテーブルにおいてあるマグナ石入りにがりスプレーを計ってもらった
12ポイントぐらいが普通の健康食品で5ぐらいになると体に良くないそうだ
肌に良いかどうか計ると18ポイントある
なるほど肌に良いわけだな
後で知ったのだが、18〜20ポイントはものすごくいい。めったに出ないようだ。
にがり原液は12ぐらいだった。原液を肌に塗るのは良くないわけではないがやはり薄めるほうが刺激が少なくてちょうどいいのだろう
火傷や、虫刺されには原液がいいんだけどね

人体を計ってもらった。まずにがりの社長から。
だいたい普通の人が数値7ぐらいが標準だという
だいたい12〜14ポイント出てきた
ミネラルに関しては当然かなり高いポイントが出た
普通の人はミネラル不足なために4とか5とかになるのが普通だそうです
私は19ポイントありました
うどんを乗せて計ってみましたら14ありました精製した小麦を使用しているのに健康食品並みです
玄米おにぎりは19ありました
19ポイントなんてめったに出ないんです。たぶん最もパワーある玄米ご飯の部類だと思います
うどんを食べて元気になるお客さんが多いのに納得です
お店に「ありがとうございます」と張り紙していたり「ありがとうございます」という念をこめてうどんを作っているのもどうも一因です
お店に来るだけで人間の波動が上がるんです。免疫力が上がるんです。ストレスがなくなるわけです
楽しく仕事をしているところで波動を測定すると何でも高くなってしまいます
自信を込めて悪いだろうと思っていたショートニングが12だったのにびっくりしました
ここのうどん屋にくると元気が出るよというのが機械でも測れるなんてすごいなぁ

マグナ石を波動測定器に載せて測ると免疫で20ありました
奇跡の石と言われるだけありますトルマリンの10倍パワーは伊達ではないんだな
マグナ石を水に入れるとその波動は水に転写されます
マグナ石水を飲んでいれば健康になる訳なのです
亜麻仁油は18ありました
並みの健康食品と訳が違うんだな
すごく安心した

私を測ったところ肉体的な部分は大体13〜15ぐらい
宇宙エネルギーを受け取ると言われる仙骨は19をマーク
仙骨の値が低いと目で見えることしか信じない物質主義者、高いと精神的な話に興味を持つそうです
ミネラル19解毒19ストレス19なんだか後半のチェックが19ばっかりで機械が故障したのか?
そして幸福・幸せ度20の満点
歩く縁起物みたいですねー
だからうどんの波動も高いんだな

うちの常連さんはみな健康そうである
うどんが貢献しているかもしれないし
もともと健康な人たちだからこそ、うちのお店に集まってくる訳だ

波動の高い水を作る機械というのも持ってきてもらっていた
その機械で20ポイントの高い波動をコップの水に転写してそれを飲むと、例えば飲む前に胃が5だった人がすぐに12ぐらいに上がって胃の痛みがすぐになくなってしまったり、胃が軽くなったりする
やる気に関係する項目を20にした水を毎日営業マンに飲ませている会社もあるそうで業績が上がったりするそうである

ちなみに波動測定器というのはまだまだ開発途上ですから賛否両論あります
機械を操作するオペレーターによって数値が変わるという特殊な機械ですから私も100%信じているわけではありません
実際それで詐欺もあるみたいですから注意が必要です
波動測定を受けられるときは人間的に信頼のおける方にお願いしてください
この業界は物売りな人も多くいるみたいですから
波動についてはお勧め本コーナーの「水は答えを知っている」のホームページなど見れば勉強になります

6月22日

ツイてるね般若心経

立花大敬先生のしあわせ通信第3巻ひとついのちに般若心経の極意が書かれてあった
それを見て大いに納得
般若心経の最後のところには羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩堤娑婆訶(ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか)があります
そこに私は注目しました

以下は抜粋です
このお経の最後の部分に『般若波羅蜜多は、これ大神咒(だいじんんしゅ)なり、これ大明咒(だいみょうしゅ)なり、これ無上咒(むじょうしゅ)なり、これ無等々咒(むとうどうしゅ)なり、よく一切の苦を除く』とあります
ですから<般若波羅蜜多>法は<咒>の方法なのです
<咒>は口が二つと祝いの略字からできていると辞書にありました。口が二つあるのは、言葉のくりかえしという意味ですね。祝いはもちろん『いわい』で、ですから<咒>とは、『祝福の言葉のくりかえし』です

その言葉が<大神咒>、つまり神さまで、創造主、その言葉どおりに現実が創られてゆくのです
<大明咒>、明るい言葉、積極的な喜びの言葉を心さんに伝えると、心さんはとっても喜んで、そのエネルギーが倍加して、大変な速さで『向こう岸(目標)』まで運んでくれるのです
<無上咒、無等々咒>、この咒の方法は、この上ない方法、比べるもののない最上の方法だというのですね。

では、具体的にはどんな言葉をくりかえすことによって想いを実現してゆけばよいのか、それは、このお経のサンプルをのせてあるというのです。
羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩堤娑婆訶
(ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか)
がそれです
羯諦 羯諦>は、『着いた着いた』です
波羅羯諦>は、『向こう岸に着いた』です
波羅僧羯諦>は、『完全に着いた』です
菩堤娑婆訶>は『ついに行き着いた、ありがたい』です


これって、ツイてるツイてるだよな
言うとツキまくるって話はお釈迦様も言ってたんだな〜
般若心経は今まで実はあまり好きではなかったのだ、意味が良く分からないのでね
でもこれが分かったら、ぐっと好きになった
ますますツイてるツイてるを言おう

ツイてるツイてるを言うと本当についてくる話はここで紹介してるよ

6月23日

愛媛こまちという女性向けのタウン情報誌(7月号)にうちのHPが紹介されてしまった
こんなにも不思議な情報のHPを紹介するなんて勇気のあるひとだなぁ〜(拍手)
今、NOVAに通っているのですがそこの美人スタッフに「載ってたよ〜」と言われて早速購入
枠は小さいけれど、濃い内容のページなんだと分かるすばらしい紹介なので見てみよう

6月29日

時々熱はないのに頭が痛くなることがある
このときにはこんな条件がある

  1. 何も予定がなくて時間がだらだら過ぎてゆく休日
  2. お客さんが少なくて暇なとき
  3. 睡眠不足なうえ大忙しの日で過労気味で仕事が終わったとき
  4. 買い物でどっちにしようか迷ったとき


気楽なさとり方 宝彩有菜著(読書のすすめで購入)
この本を読んでいたときに人というのは考え事をしているとき、悩み事をしているとき、恐怖を感じているとき、息がとまる
ため息が出るのは酸素不足を補うためにしているのだ
暇なときって考え事をしてしまうものである

しかも人間は考え事をしているとき、不幸を感じるそうである
いつも考えてばかりの人に笑顔が少ないのは考えるからだ
真剣に考えているときは笑顔になれない

逆に幸せとは何も考えていない状態だということだ
赤ん坊は何も考えてないし、スポーツに熱中してるときは笑顔になっている

適度な忙しさで仕事をしていた場合、ほとんど何も考えずにいる
どうも頭痛は酸素不足がかかわっているらしい
だから頭痛のときに瞑想をすると、たいてい治ってしまう
じっとして呼吸に集中していると考え事をしなくなってくる
同時に酸素が体中に補給されるわけだ
なるほどー

おとといから何も考えないように、あたまをからっぽにするように、できる限りいつでも呼吸に集中してみた
そうするといつもよりも体の疲れが少ない
ポンとすばらしいアイデアが浮かんできたりする
もう、大きな情報の塊が飛び込んでくるという感じ
不思議といい言葉が口から勝手に飛び出してくる
電子ジャーを開発した人も子供のころから呼吸に気をつけていたそうである
その人はアイデアは神さまからもらった物だからと、特許をとらなかったそうだ

ボーっとして間抜け状態がすごくいいんだよね
間抜けって間が無くなった状態のことだから、人と人、敵と味方との間、人と物との間、人と自然の間、人と神との間がなくなっちゃった状態のこと
自分のことを間抜けだと思ってたら楽になっちゃうな

6月30日

今日でいよいよ開店5年である
今日は定休日なので静かに感謝の祈りを捧げるとしよう
ひとつの仕事を5年間も続けることができたのは初めてのことだ
途中精神的に挫折しそうな時があったが、遍路旅に出たおかげで気を取り直し楽しく続けることができた

明日から3日間、お客様への感謝を込めて1人につき100円引きで営業します
もっと面白そうなプレゼントとかしたかったのですが、安易に決めました

坂田道信さんの「はがき道」を立花大敬さんのしあわせ通信を読んで知ったところ、インターネットで探したら、ありがとうおじさんの村で行われた坂田さんの講演テープを手に入れました
あのへんはみんな繋がってるんですね
今、一日に3通のはがきを書こうとしています
今までほとんど書く習慣がなかったから1通書くのさえおっくうになったり忘れてしまいます
しかしこれをやり続けるとものすごい頼りになる力だと信じています
特に、今入院されている方にはよく書こうと思いました
うちに来たら坂田さんの講演CDを貸してあげることができますから聞いて感激してください
わたしが住所しってる人に正月でもないのに突然はがきが届くかも知れんので心の準備をよろしく
なにせたくさん送ることが大事だからあまり縁の深くない人にまで手書きはがき送っちゃうよ
今日は文具屋にはがき用住所印も作ったし(しかもインク内臓)

うどんのように白くて長いこと「はがき道」が続いていますように